ネットワークスペシャリスト試験では定番の負荷分散技術。
負荷分散入門はひととおり読んでおくとよい。

負荷分散技術系の問題では、ループバックインターフェースがらみの問題や、負荷分散の方式レイヤーレベルでの故障監視方式に注目。

クライアントはLBのVIPにアクセスし、そのアクセスをWebサーバに転送するわけだが、そもそもVIPへのアクセスなので、Webサーバは自身のIPアドレスと異なるパケットを受信するためパケットを破棄してしまう。
これを防ぐには、WebサーバのループバックインターフェースにVIPを指定する。(ループバックインターフェースとは自身の仮想的なIPアドレス)

LBにてSSLアクセラレータも兼用する場合は戻りもLBにする必要あり。

以下、負荷分散入門より引用

負荷分散の方式
・ラウンドロビン
各サーバに、順番にリクエストを振り分けます
・静的な重み付きラウンドロビン
各サーバに、あらかじめ設定された比率でリクエストを振り分けます
・最小コネクション数
処理中のコネクションが少ないサーバにリクエストを振り分けます
・最小クライアント数
接続中のクライアントが少ないサーバにリクエストを振り分けます
・最小データ通信量
処理中のデータ通信量が少ないサーバにリクエストを振り分けます
・最小応答時間
応答時間が短いサーバにリクエストを振り分けます
・最小サーバ負荷
CPU、メモリ、I/Oの利用率が低いサーバにリクエストを振り分けます
・最小FNA LU数
使用中のLUが少ないサーバにリクエストを振り分けます


セッション維持機能として次のオプションを提供しています。
ノード単位の分散
リクエストの送信元IPアドレスに基づいて、クライアントを識別します
cookie(クッキー)オプション
cookieに登録された情報に基づいて、クライアントを識別します
URLリライト・オプション
URLに埋め込まれた情報に基づいて、クライアントを識別します
HTTP認証ヘッダー・オプション
HTTPリクエストヘッダーの認証情報に基づいて、クライアントを識別します
SSLセッションID・オプション
SSLセッションIDに基づいて、クライアントを識別します


IPCOMでは、次の故障監視方式を提供しています。
装置監視
各サーバに対してPINGを送信し、その応答で故障を判断します(L3レベル監視)
サービス監視
各サーバのTCPポートおよびUDPポートにリクエストを送信し、その応答で故障を判断します(L4レベル監視)
アプリケーション監視
各サーバのアプリケーションにリクエストを送信し、その応答で故障を判断します(L7レベル監視)
負荷計測エージェントによる監視
各サーバの負荷計測エージェントから送られるパケットの有無で故障を判断します
バックLAN 監視
負荷分散装置に直接接続していないLANインターフェースを、SNMPで監視します

関連記事


にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村






    
プロフィール

katsudon

Author:katsudon
どーしてもネットワークスペシャリストに合格したいオッサンが、試験テクニックや技術ネタ・勉強法や勉強記録なんかを備忘録もかねてログに残していきます

スポンサード リンク

Powered by amaprop.net
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示