個人的に感じていることですが、ネットワークスペシャリスト試験で出題される新技術は、日経NETWORK(コミュニケーションも)で特集された記事が多いということです。

24年度の秋試験でいえば、午後2問1で出題されたイーサネットファブリック技術。
浸透しつつある比較的新しめの技術かと思いますが、これも、日経NETWORK, 2012/06号 ■特集2 新技術「イーサネットファブリック」 で特集されています。

内容もTRILLのフレームフォーマットなどの表記が酷似しており、この特集を一通り理解していればかなり点数は違ってくるはず。

22年度のPM2問2の仮想化技術の外部物理スイッチとの仮想化方式もしかりです。
※こちらは日経コミュニケーション 2010/06/01号 仮想サーバーがきちんと動くネットワークの作り方 及び 2010/02/01号 考慮すべきは冗長化と負荷分散 重要なのは物理NICの設定

もちろん、過去にさかのぼって日経NETWORKのどの記事が取り上げられるかはわかりませんが、ネットワークスペシャリスト試験との関連性はかなりあると思っています。(IPAは意識して問題を作成しているはず)

そういう意味でも日経NETWORKや日経コミュニケーションは、ネットワークスペシャリスト試験において、非常にいい参考書となるのではないでしょうか。



関連記事


にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村






    
プロフィール

katsudon

Author:katsudon
どーしてもネットワークスペシャリストに合格したいオッサンが、試験テクニックや技術ネタ・勉強法や勉強記録なんかを備忘録もかねてログに残していきます

スポンサード リンク

Powered by amaprop.net
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示