物理NICについて
管理用のポートは2重化しておく
→管理用ポートの障害時に仮想マシンにアクセスできなくなってしまうから

ライブマイグレーション用やストレージとの接続用ポートは
独立させておく

予め帯域設計をしっかりしておく
→物理サーバごとのトラフィック量、CPUやメモリなどをモニタリングする。リソースは時期によって異なるので、ピーク値を計測

試験でお得意がコレ↓
サーバベース方式(SBC)
サーバで稼働させるアプリを複数のPCで共用する
仮想PC方式
PCの独立したプログラム実行環境をTCと1対1でサーバ上に用意する

仮想化のメリット(運用の観点)
・容易に仮想サーバの増設ができる(拡張性)
・障害時に代替サーバへ移動できる 




関連記事


にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村






    
プロフィール

Author:katsudon
どーしてもネットワークスペシャリストに合格したいオッサンが、試験テクニックや技術ネタ・勉強法や勉強記録なんかを備忘録もかねてログに残していきます

スポンサード リンク

Powered by amaprop.net
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示